本日 8 人 - 昨日 37 人 - 累計 51092 人

ミカンの器

2015年07月26日
 知り合いの方から分けていただいた伐採されたミカンの木を使って、いろいろな器を作っています。色合いといい、天然の模様といい、ほかの木では出せない魅力たっぷりの器です。ミカンの木は成長が遅いため、きめが細かく、口が当たる器には最適な木と考えています。


早いもので、間もなく開店より5年を迎えます。この間、たくさんの方にご利用いただき、また貴重なご意見もいただきました。これを機会に、より広く皆様に木工製品の良さを感じていただきたく、また、厳しいご意見もいただきたく、『伝統工芸士・佐藤満(2代木寿)とそのなかま展』を下記の要領で開きます。
 
                   記
 日時・・・8月8日(土)~8月16日(日)10:00~19:00 期間中休みなし
 場所・・・廿日市市地御前5-10-14(広電地御前駅前・交番となり)
 メンバー・・・佐藤満  坂居聖  岩木国明  藤澤敏郎  河田英俊 大前勝行 荒木晶子
 その他・・・無料で木工ろくろ体験ができます(人数、時間に限度あります)      
         たくさんの方のおこしをお待ちしています。